耐屈曲・捻回性キャブタイヤケーブルは、当社が昭和36年に開発した製品ですが、長年の実績から耐屈曲・捻回性の優秀性が認められ、最近はロボット等移動機械用に広く採用され類似品も多く出回っております。
当社の「CCNCTは、20年の経験より得たノウハウでゴム系、ビニル系のケーブル(コード)を製作し、需要家各位の高い評価をいただいております。

【記 号】
ゴム系の場合は”CC”、ビニル系のCTの場合は”B”が品名の前につきます。
(例) 2CCNCTF:エチレンプロピレンゴム絶縁クロロプレンキャブタイヤ
→ BO-VCT:ビニル絶縁耐油ビニルキャブタイヤケーブル

  1. 導体を編組状にしているため、ケーブル屈曲時の線心のゆがみを導体自体の伸縮作用で吸収します。 このため一般CTに比べ、10倍以上の耐屈曲寿命を有しています。
  2. 極細線で編組しているため、柔軟性があり、また、捻回に対しても優れています。

カーテン吊方式、吊り下げ方式等、ケーブルに屈曲および捻回が加わるような制御用ケーブルとして適しています。

TOPボタン